パナソニックといえば、家電製品を中心にかなり有名なメーカーです。
また、その技術はとても高く、太陽電池やリチウム電池の分野では世界トップクラスと言っても過言ではありません。

現在、パナソニックではハイブリッドタイプの太陽光パネルを使用しています。
シリコンタイプの中でもハイブリッドタイプは発電効率が良く、パナソニックのパネルも発電効率は18%以上、最大出力も233Wとかなり高い出力となっています。

しかも、この製品は耐熱性がほかのタイプに比べると高いのが特徴です。
実際に太陽光発電を導入した場合、年間を通して安定した発電量を期待できるかといったらそうではありません。
パネルは熱に弱く、温度が高くなればなるほど発電効率が低下してしまうのが一般的でした。
ですが、このタイプはそうではなく、従来品に比べて耐熱性が上がっています。
面積当たりの出力も高いので、少ない枚数のパネルで必要な電力を賄う事も可能です。
その為、屋根の面積が限られている人とか、家族が多くて消費電力が多い家庭であっても、満足できる発電量を期待できます。

また、ハイブリッドタイプだけでなく、多結晶シリコンを使った製品も作っています。
従来の製品に比べるとサイズがコンパクトになっているので、小さな屋根であっても利用する事ができます。
その発電効率はもちろん高いので、十分な発電量を期待できる製品です。
多結晶シリコンタイプはその他のシリコンに比べると安価なので、このタイプを利用すると太陽光発電自体の導入費用も少し安くなります。

さらに、パナソニックの場合は太陽光パネルの汚れ対策も行っています。
元々パネルは汚れが付きにくい構造ですが、より一層防汚機能がアップされていて、汚れによって発電量が低下するのを防いでいます。
保証期間も10年と長く、台風や落雷などの自然災害(一部例外があり)も対応してもらう事が可能です。
発電量も多く、安心して使う事ができる、それがパナソニックの太陽光発電の大きな特徴です。